アロマペンダントを詳しく解説 !


いつでもどこでも、香りと一緒にお出かけがしたい。
アロマペンダントはそんな貴女にピッタリなディフューザーです。

2012-07-26_239
オススメのガラスタイプ アロマペンダント(アロマの雫)


< 目次 >

◆ アロマペンダントとは何か
◆ 香りを身に着けられる、アロマペンダント
◆ アロマペンダントの形や素材、仕組みについて
◆ タイプ別のメリット、デメリット

 
[ アロマペンダントとは何か ]

 
まず、アロマペンダントとはなんでしょうか?

アロマペンダントとはアロマディフューザーの一つです。

そしてアロマペンダントは
アロマオイル(精油)を利用するためのアクセサリー
です。

Amazonのでアロマペンダント売上ランキングを見てみる

 
[ 香りを身に着けられる、アロマペンダント ]

 
アロマペンダントはペンダントの部分から、拡散される香りを楽しむアクセサリーです。

身に着けておくことが出来るため、常に香りを楽しむことが出来ます。
プライベートや職場を問わず、身につけておきさいすれば香りを楽しめるのがアロマペンダントです。

アロマペンダント1

 
[ アロマペンダントの形や素材、仕組みについて ]

 
次にアロマペンダントの仕組みを、素材のタイプ別に解説します。

アロマネックレスのタイプとしては、ガラスタイプ、金属タイプの二つがあります。

ガラスタイプの利用方法はガラスの中にアロマオイルを、スポイト等で入れていきます。
(漏れることはありません)

中に入ったアロマオイルが気化し直接、香りが芳香されてきます。
減って来たら、またアロマオイルを追加していきます。 

ガラスタイプのアロマペンダントとの参考リンク

金属タイプのアロマネックレスは、金属の中にフェルトが入っていmす。

フェルトにアロマを垂らすことで、金属の空いた部分から香りがかおってきます。

金属タイプのアロマペンダンの参考リンク

 
[ タイプ別のメリット、デメリット ]

 
金属タイプ、ガラスタイプ、それぞれメリットデメリットがあります。
 

< ガラスタイプのアロマペンダントのメリット >

・オイルを直接入れるため、香りが広がりやすい。
・オイルの量が、目に直接見える。
・安価な商品が多い(1000~3000円)
・追加のコストが必要ない。

< ガラスタイプのアロマペンダントのデメリット >

・割れる可能性がある。
・オイルを入れるのが若干面倒
・香り(オイル)を変にくい

< 金属タイプのアロマペンダントのメリット > ・香りを変えやすい。(フェルトを交換するだけ) ・オイルを垂らしやすい。(フェルトにたらすだけ) ・オシャレな製品が多い。 ・耐久性がある   < 金属タイプのアロマペンダントのデメリット >   ・比較的、価格が高め ・オイルの継ぎ足しやフェルトの交換、購入が必要。 [ 最後に。 購入の注意点 ]

如何だったでしょうか? 

アロマネックレスは、当たり前ですがアクセサリーのひとつでもあります。

購入する際は、長く愛用できるように気に入ったデザインの商品を購入してください。

気に入った商品が無ければ購入しないのも、ひとつの選択です。 

関連記事:写真で見るアロマペンダント一覧
 

下記のサイトの口コミなどを参考に、良い商品を選んでくださいね。


Amazonのでアロマペンダント売上ランキングを見てみる

楽天のアロマペンダント一覧

アロマディフューザーの人気ランキング

ディフューザーの選び方はこちらから

ディフューザーの機能と種類についてはこちらから

ディフューザーをカラーで選ぶ