車でアロマディフューザーを使うべき
3つの理由


車用アロマディフューザー

 

女性が乗りたくない車 

 
 
皆さんは、このランキングをご存じだろうか?

 「女子が乗りたくない車ランキング」

そして 堂々の1位は何だか分かりますか???
(車種等の話ではない)

痛車? 土足厳禁? 運転が下手?

さてなんだろうか?

このランキングは、男性アンケートでも結果1位は同じである。

ランキングの結果の前に、車とアロマについてのお話をしよう。
すぐ知りたい方は、↓ こちらをクリックしてほしい。
 
 

車でアロマディフューザーを使うとは、いったいどういうこと? 

 
アロマディフューザー 車内
 
 
車専用のアロマディフューザーが販売されている。
まさに↑の画像は、車専用のアロマディフューザーを車内で利用している。

こちらの写真はアットアロマ社の「ドライブタイムレーザー」という商品だ。

cropped-aroma-therapy2.jpg

アロマディフューザーとは、香りの芳香器のことだ。
アロマオイルを利用するための「道具」「ツール」「商品」と考えておこう。

 

アロマディフューザーを車内で使う


 
車内用アロマディフューザーの使い方は簡単だ。

img60082146

写真の通り、カートリッジを前方の引き、出てきたオイルパットにアロマオイルを数滴垂らす。

そして、シガーソケットに差し込む。

シガーソケットの熱が、アロマオイルを揮発させ、車内全体が自然の香りでリラックス空間に早変わりする。

ドライブタイムレーザーはこちら

 

車でアロマディフューザーを使うべき、3つの理由

 
 
・ 車内をアナタのための空間にする。
 
・ 助手席にも優しい空間に出来る。
 
・ アロマの力でリラック&スリフレッシュ。集中力をアップする。
 
 

 車内をアロマでアナタのための空間にする

良い香り
 

あなたにとって車とはなんだろうか? ただ、モノとヒトを移動させるための道具だろうか?
それなら香りなんて「くそくらえ」かもしれない。

反対に、アナタが車選びに少しでもこだわっていたのなら、車内は一つの「アナタのための空間」だ。

その「アナタのための空間」は、今どんなニオイがしているだろうか?

 
臭いだろうか? 匂いだろうか?
 

もし、車内のニオイが「リラックスできない、なにかの臭い」なら一度考えてみてほしい。

「自分の為の空間」に近づけるために、アロマを利用してみるのはどうだろうか?

エッセンシャルオイルとアロマディフューザーを利用して、「本物の自分のための香り」を車にデザインしてみては?

 

 
臭い車

 
助手席に座る人は、心の中で鼻をつまんでいないだろうか?

TOPで紹介したように

「女子が乗りたくない車ランキング」堂々の1位は
 
 
「車内がクサイ」車だ。
 
 
01

女性が乗りたくないのは「ダサい」車でも「国産車」でもない。

運転が下手な車でも、騒音をまき散らす車でも、ましてや洗車していない車でもない。

嫌われるのは「臭い車」だ。 もういちど、書く。 臭い車だ。

痛車よりも嫌われるのが「社内が臭い車」だ。

もしアナタの車が臭かったら、それは車が臭いだけではない。
運転手。そう、アナタ自身が臭いと思われるのだ。

自分の車はどうだろうか?

少しでも臭いとおもうなら、今すぐ車を廃車にするら何か対策を講じるべきだ。

掃除をし、車内を清潔に保つ。アロマディフューザーのドライブタイムレーザーを使う。

そしてエッセンシャルオイル(天然香料)を利用して、香りを整える。

車内で簡単に「植物・果実」100%の香りを楽しむことが出来る

是非、車用のアロマディフューザーを活用しカーライフを満喫してほしい。
 
ドライブタイム:amazon最安値:1,600円

ドライブタイム:楽天最安値1,950円

 

アロマの力で、集中力をアップできる。

 

香りを、車内に取り入れることは、空間を香りの力でデザイン出来るだけではない。

香りの機能で、リラックスする効果や集中力を増す効果がある。

東京スマートドライバーの取り組みで、香りを積極的に利用して、交通事故を減らそうと努力している。

 

< 臭かった車の思い出 >

 

最後に私の体験談を一つ。

車内が臭いと、本当に耐えられない。 そんな経験が10年前にある。

出発から目的地まで約2時間。腐ったゲロの様な車内。なぜこんなに臭いのか?

殺意を抱きながら、吐き気をもよおし、耐えきった。

あの地獄のような経験は2度としたくないし、誰にも経験させたくない。

全ての車は、すべからく、臭くあってはいけないのだ。

臭い車、それは犯罪である。アロマディフューザーを利用しよう。

せめて掃除だけでもしてほしい。


ドライブタイム:amazon最安値:1,600円

ドライブタイム:楽天最安値1,950円

アロマディフューザー

 

アロマディフューザーおすすめ人気ランキング

ディフューザーの選ぶためのポイント

ディフューザーの機能を詳しく解説

ディフューザーをカラーで選ぶ