臭い足を改善しよう


良い匂いの足2

アロマを利用することで臭い足(マイナス)を、良い香り(プラス)に変えることが出来る。
隣のあの人に「良い匂いがするね」と言ってもらうために。

本記事のかいつまみ

1) なぜ足は臭くなってしまうのか原因を理解する。
2) 足を清潔に保ち、フットケアを行う。
3) 靴と靴下のお手入れについて。
4) アロマを利用して、足を良い香りにする。
5) アロマ利用して、靴、靴下、ストッキングを良い香りにする。

 
< 足が臭いのは仕方がない? >

care

 
「なぜ私の足は臭いんだろう?」とお悩みの紳士淑女の皆様。
「足が臭いのはしかたない・・・よね」と諦めていませんか?

足が臭いのは、仕方がないことではありません。

アナタの臭い足が原因で、職場や家庭などの隣人が苦しんでいるかもしれません。

閉鎖空間で足から出る、臭~いニオイで被害者を出さないために、なによりもアナタ自身の為に、アロマを利用して、より快適に、より簡単にニオイ対策を実証してみて下さい。

本サイトでの足臭対策は「マイナス」をいかに「ゼロ」にするか? が趣旨ではなく、いかにアナタの足を「良い香り、良い匂い」にするかがコンセプトです。
 

< 足が臭くなる原因 >

臭い足の原因
 

なぜ足は臭くなるのでしょうか?

まずその原因を探っていきましょう。

・そもそも汗に臭いは無い

足の裏には3~10倍の汗腺(エクリン腺)が集中しており、足の裏から毎日コップ一杯分(200cc)の大量の汗が、排出されています。
しかし、この汗!  誤解されがちですが、実は無臭です。
汗自体に臭いはありません。

では、なぜあんなにも臭くなってしまうのでしょうか?

原因はバクテリアや表皮ブドウ球菌などの「細菌」です。
細菌が、汗に付着する皮膚の一部(角質)などの成分を分解することで、臭いニオイを発生させています。

特にジメジメした季節や、通気性が悪い靴(特にブーツ)や靴下をはいている場合、足が蒸れることでさらに嫌な臭いが発生しやすくなります。

・臭い原因は細菌だった

また、肉食の傾向にある人の多くは体臭が濃くなりやすいといった研究結果もあります。

 

< 臭い足を無臭に近づける >

アロマで悪臭対策

 
足の臭いを「-(マイナス)臭い」の状態からいきなり「+(プラス)良い匂い」にすることは難しいです。
まずは足のニオイを「-(マイナス)臭い」から「0(ゼロ)」に近づけましょう。

そのためには二つのステップを踏む必要があります。

ステップ1 足から臭いを取り除く

足の臭いを取り除く、基本的な習慣として足を良く洗って下さい。
石鹸を泡立てて、指の一本一本を丁寧に洗います。

特に爪は要注意です。
汚れやカスが爪に残ると、異臭の原因となるので出来る限り爪は短くして良く洗うようにしましょう。

ステップ2 角質を取り除く

角質は細菌の大好物。臭いの元になるので下記の方法で取り除くようにしましょう

1. 半身浴で汗をかく!
2. 肌がやわらかくなったら、手で角質を取りたい部分を触る。
3. ザラっとしている個所を、指の先を使って優しく擦る。
4. アカが出てきたら、やさしくとる。これが角質。
5. お風呂から出たら、油分や添加物などをなるべく含まない化粧水でたっぷり水分を与えてあげれば角質ケアの完了!

ケアーが終わった後は良く、水分を拭き取ってください。
少しでも水分が残っていると悪臭の原因となります。

二つのステップで、出来る限り悪臭を出さない為の習慣を身に着けてみましょう。
足を良い匂いに近づけるためには、大切なステップです。

角質ケアーは専用のアイテムを利用すると綺麗に除去できます。

 

< 悪臭を放つ靴を手入れする >

グランズレメディ
 

足を無臭に近づけたら、次は靴や靴下のお手入れです。
以下の4つのケアーを行うことで、

・靴は3足以上を一週間で使いまわす。
・靴や靴下は季節に合った種類を利用する。
・重曹やグランズレメディを利用して、靴から悪臭を除去する。
・出来るだけ蒸れない靴や靴下を利用する。

重曹又はグランズレメディは小さじ1杯を靴に直接入れる。
これで、悪臭がかなり消え去ります。
特に、グランズレメディは靴に1杯入れることでバクテリアを抑え悪臭がしなくなるのでオススメです。

グレンズレメディの口コミはこちらから

 
< アロマを利用して、悪臭を良い匂いに >
 

足のケアーと靴や靴下の手入れで、悪臭が消えたらいよいよアロマを利用して足を良い香りに変身させます。

なぜアロマ(エッセンシャルオイル)なのかと言えば、植物や果実の力を利用することで自然に足を良い香りとすることが出来るからです。

アロマ(エッセンシャルオイル)以外の製品、特に香水や人工香料は臭いと感じる人が多いのも事実です。
悪臭の種類が変わっただけで、香水やデオロラント製品は臭いことに変わりはありません。
 

< アロマを使ったフットケア マッサージ >

アロママッサージ
 

足を「良い香り」にするためにはアロママッサージを行うのが効果的です。
簡単に自分出来るアロママッサージは、リラックスや、リフレッシュにもなります。

まずはアロマとキャリアオイルを準備しましょう。

■ キャリアオイル 100ml ※スイートアーモンドオイル
■ エッセンシャルオイル 10ml ※数種類あっても良いl

キャリアオイルについてはスイートアーモンドオイルが人気もありオススメです。
肌にもなじみやすく、マッサージしている気分になれます。

エッセンシャルオイルは下記が利用できます。
下記以外でも利用できますが、オイルによって利用できないオイルもあるので、注意しましょう。

オススメはペパーミント。ペパーミントは殺菌作用もあるため悪臭対策には一番。
この中から、2つほど買って混ぜても自分だけの香りを楽しめます。

・ サイプレス 
・ ジュニパー 
・ グレープフルーツ 
・ ペパーミント

キャリアオイルとエッセンシャルオイルを購入したら希薄する。
希薄率はアロマオイルを1%~3%にすること。
キャリアオイル10mlについてアロマオイルを2滴入れる。

< 例 >

キャリアオイル10ml:2滴
キャリアオイル20ml:4滴

アロマオイル+キャリアオイルを混ぜ合わせたら準備完了です。

準備が出来たら、足全体に準備したオイルを塗りこみます。
優しく、ゆっくりマッサージを行いましょう。

マッサージを行う場合は、指の一本一本丁寧に揉んでいきます。

また、アロママッサージより手軽に出来る「足湯」にアロマを入れてもOKです。
 
アロママッサージが終わると「臭い足」は「良い匂い」がする足に変身しています。
 

アロマオイルは生活の木を利用する

自分でキャリアオイル、アロマオイルを希薄するのが難しい場合すでに混合しているマッサージオイルも発売している。
マッサージオイルを利用してもいよい。 マッサージオイルの口コミはこちら

< アロマを利用した靴、靴下のケア >

アロマスプレー
 
アロママッサージで足を「良い匂い」にしても、靴や靴下に悪臭がしていたら無意味です。

靴や靴下の臭いは重曹又はグランズレメディで出来る限り除去します。

その上で、アロマスプレーを利用します。

アロマスプレーを作る方法 
以下を準備
必要なもの
■ スプレーボトル 100円ショップで購入
■ 無水エタノール 薬局で購入(500ml)
■ アロマオイル(エッセンシャルオイル)

スプレーボトルをエタノールで満たす。

エタノールの入ったスプレーボトルに、アロマオイルを10滴程度入れる。

スプレーボトルをこぼれないように、混ぜ合わせる(振る)。

靴や、靴下にスプレーする。

あまり、スプレーしすぎると湿って悪臭がしてしまいますので1回~2回程度に留めておきます。
また、持ち運び可能なアロマスプレーなら外出先などで匂いが気になった際もストッキングや靴の中にスプレーできます。
また、アロマスプレーは靴だけでなく洋服などに手軽に利用できるため大変重宝します。
 

< アロマオイルを上手に利用する >

 
アロマオイルを上手に利用することで、「臭い足」を「良い香り」に変身することが出来ます。
本記事のサイクルを1週間程度、継続的に行うことで格段に改善されます。

特に夏の暑い季節やデート前に上手に利用してください。