男のためのアロマディフューザー


2957647575_dd04e94fe6

◆ アロマディフューザー。 特に性別は無いが・・・

アロマディフューザーに女性用、男性用といった種類は特にありません。

しかし、男性用のアロマディフューザーは無くても、男性向けのデザインや男性が利用して、使い心地の良いと感じるアロマディフューザーは存在します。

そんな男性向けのアロマディフューザーを利用用途別にご紹介したいと思います。

 
◆ 男のアロマディフューザー 室内用 その1

無題
 

男性向けとして、室内用途でおススメしたいアロマディフューザーは
air aroma社の「aromax」です。 

価格:3万円程度 詳細はこちら

お値段的に少々高いですが、男にはお勧めの一品、アロマディフューザーです。
水を利用しないため、アロマオイルを原液のまま楽しむことが出来ます。

このポイントは、男性が利用するアロマディフューザーを選ぶ際に重要になります。

男性は女性に比べて、香りを感じる嗅覚が弱いと言われています。
研究結果では半分程度から3分の1程度とされているほどです。

少量の精油で香りを楽しむことが出来る女性に比べ、男性は香りを強く出せるアロマディフューザーでないと、なかなか香りを楽しむことが出来ません。

aromaxは噴霧力が強く、精油を水で薄めずに利用するため香りの拡散力が非常に強く、介護施設や、医療施設などの業務用としても利用されているほどです。

また水を利用しないことから、手入れなどが少なく、簡単に利用することが出来ます。

水を利用するアロマディフューザーの場合、適度にメンテナンスを行わないとカビや細菌などが繁殖する原因となるので、メンテナンスが面倒な男性には向かないかもしれません。

そして男性が利用するにあたって気になるのがデザインです。

フェミニンなデザインの多い、アロマディフューザーの中で「aromax」は中性的かどちらかというと、無機質なイメージから男性が好みそうなデザインとなっています。

 
◆ 男のアロマディフューザー 室内用 その2
 
midori
 

「3万円も出せないなー」なんて人は@aroma社の「personal diffuser squair」もおススメです。

価格:1万7千円程度 詳細はこちら

こちらも水を利用せず、精油を原液で利用可能です。
PIEZOと呼ばれる最新の圧電素子を利用しているため、音も全く発生しません。

デザインについても「aromax」と同様に、男性の室内に溶け込みやすくなっています。
有名なプロダクトデザイナーも参加しており、かなり男性的なデザインになっています。

「personal diffuser squair」は水を利用しないだけでなく、電池を利用することが出来るため、持ち運びも可能なアロマディフューザーとなっています。
(充電池であれば充電も可能)

いつでもどこでも、利用したい場所で利用することが可能です。

香りの拡散力については、圧電素子を利用していることから、パワフルで広い室内でも十分に香りが拡散します。

ただし、若干のメンテナンスが必要なのは覚悟して購入して下さい。
 

Amazonで「aromax]の最安値に直接行ってみる

楽天での「personal diffuser squair」の最安値を直接見てみる

amazonでの「personal diffuser squair」の最安値を直接見てみる