アロマストーンディフューザーを選ぶわけ


aroma-stone-sense_and_touch_main

アロマストーンディフューザーはとても簡単で、手軽に利用できるアロマディフューザーの一つです。

今回は、アロマストーンディフューザーを詳しく解説したいと思います。

[ 目次 ] 

◆ アロマストーンの価格について
◆ アロマストーンの設置場所
◆ 使い方と注意点
◆ アロマストーンの比較
◆ アロマストーンのメリット・デメリット
◆ 私のお気に入りのアロマストーン

注目記事:アロマストーンのおすすめランキングはこちら

 

[ アロマストーンの価格について ]

 
アロマストーンディフューザーは、とても安価に購入可能です。
安いものは500円から購入できます。高いもので2000円程度です。
500円のアロマストーン   
2000円だとこんな感じです。

金額の違いは、デザイン性や中国産と日本産の違い。
また、大きさや材質も異なります。

安くて白いアロマストーンは、素焼きではなく石膏が主な材料になります。

プレゼントや、自宅の見える場所に置くのであれば日本産の素焼きを選びましょう。

 

[ アロマストーンの設置場所 ]

 
次はアロマストーンを置く場所に、注目したいと思います。

アロマストーンは電源、水、火などを利用しない分、好きな場所に置くことが出来ます。
臭いの気になる「玄関先」や「枕元」、「トイレ」、「デスクの上」など、どこにでも置く事が出来ます。

また、アロマストーンは比較的、狭い場所での利用に適しています。

香りの広がる範囲は1mから2mほどです。
あまり香りがしないと感じたら、香りの強いアロマオイルを試してみて下さい。

また扇風機やエアコンの下など、気流のある場所に置くことで、香りが良く広がるようになります。

 

[ 使い方と注意点 ]

ラ・パショナリア アロマストーン2
 

使い方は簡単です。アロマストーンに数滴アロマオイルを垂らして下さい。

一番の注意点は、必ず適量(数滴)で利用することです。
香らないからと言って、多く垂らしすぎると失敗します。

ストーン自体がアロマの液体を吸収できず、机や周りの小物を汚してしまいます。
特に安物は机等を汚しやすいので、敷物を敷いて下さい。

 

[ アロマストーンの比較 ]

 

↓ の記事はお勧めのアロマストーン一覧です。

おすすめのアロマストーン一覧

簡単に置けて、価格もリーズナブルなアロマストーン。
特に難しい、手順もありませんので初心者の方や、プレゼント用としても喜んでもらえると思います。

また、最近ではストーンではなく天然の木を利用したウッドディフューザーも販売されています。

利用方法などはアロマストーンと同じです。天然の木を利用しているのでとても癒されます。

ウッドディフューザー ひのこ
ウッドディフューザー

関連記事:ウッドディフューザーについて
 

[ アロマストーンのメリット・デメリット ]

 
[メリット]

・水や火、電源なども必要なく手軽に利用できる。
・水を利用しない為、アロマ本来の香りを楽しみやすい。
・小さく、場所をとらない。
・工夫したデザインも多く、インテリアのアイテムとしても利用できる。
・価格が安い。

[デメリット]

・狭い範囲でしか利用できない。
・20分程度で香りが消えてしまう。

 

[ 私の好きなアロマストーン ]

 
最後に私の好きなアロマストーンをお伝えします。

玄関に利用しているのは ↓ の動物シリーズのアロマストーンです。

フリート のんびり動物 シリーズ です。
アロマストーン

 

アロマディフューザーの人気ランキング

香りが強い広範囲に使えるアロマディフューザーとは?