アロマディフューザー
- 設置場所の広さと、香らせたい空間 -


アロマディフューザー設置場所
アロマディフューザーを選ぶ
- 設置場所の広さと、香らせたい空間 -
 

<広い場所と狭い場所>

 
 
アロマディフューザーを選ぶ時に、とても大切なのが「芳香させたい、空間の広さ」を考えることです。

香らせたい広さによって、適したアロマディフューザーは異なります。
 

「広い空間」には、「広い空間用のディフューザー」を購入する必要があります。
それとは反対に、「狭い空間」には、「狭い空間用」の、アロマディフューザーが適しています。

適したディフューザーを利用することで「より心地良く」、「リラックス」出来る空間を作り出すことが出来ます。
 
 

広い場所に適したアロマディフューザー

 
広い場所
 
広い空間(リビングや寝室)用のアロマディフューザーには、超音波タイプや、フラスコタイプのアロマディフューザーを利用します。

また、お店やイベントなど広い場所には、業務用のアロマディフューザーを利用します。
業務用アロマディフューザーと家庭用アロマディフューザーの違いはこちらの記事

広い部屋でアロマディフューザーを利用する場合は「部屋の広さは、どの程度なのか?」 どんな場所に、どんなサイズのディフューザーを置きたいのか?

いくつか考える必要があります。

なぜなら、広い場所ではアロマが部屋全体に広がりにくく、香りを感じにくいことがあるからです。

そこで利用したいのは、水を利用せずに、アロマオイルを原液で利用できるアロマディフューザーです。

アロマを原液で空間に噴霧させるフラスコタイプや、超音波タイプでもpersonal diffuser squair(スクエアー)
おすすめ人気ランキングは小型にもかかわらず、非常に広い範囲に香りを拡散させることができるため、大変おすすめです。

[ 広い場所に適したアロマディフューザー ]
※ 水を利用しないディフューザー

・ personal diffuser squair(スクエアー)
おすすめ人気ランキング
・ aromax(フラスコタイプ)

関連記事:香りが強い広範囲に使えるアロマディフューザーとは?
 
 

狭い場所に適したアロマディフューザー

 
 
狭い部屋

狭い場所(トイレや玄関先)には、「アロマストーン」や「リードディフューザー」などが適しています。

トイレや玄関先などでは、「コンセントが無い」「置く場所が狭い」など、アロマを利用したくても制限があります。

コンセントや狭い場所でも利用できる「アロマストーン」や「リードディフューザー」をおすすめしている理由です。。

また狭い空間には、水で利用するタイプのアロマディフューザーもおすすめです。

[ 狭い場所に適したアロマディフューザー ]
※ 水を利用しないディフューザー

・ アロマストーンディフューザー[センス アンド タッチ]

・ エッセンシャルりリードディフューザー

・ 水を利用したアロマディフューザー
 
 

<ディフューザーが香らせることのできる範囲について>

 
 
アロマディフューザーの製品紹介ページやパッケージなどには、その製品が香らせることのできる範囲として「○○畳」や「○○㎡」などの目安が記載されています。

ぜひ、置く空間に合わせて、パッケージなどの商品仕様や機能に目を通し、製品を選ぶことをおすすめします。

ただし、表記されている数値範囲には、誇張された数値もります。 

表記されている数値からマイナス3割程度と考えて、購入してください。

自分の理想と、実際の製品機能が違ってくる場合、だんだんと利用しなくなってしまうケースが多々あります。 
 
 

<その他の注意>

 
 
注意したい点としては、部屋の広さだけではなくアロマディフューザーを設置する場所の、空気の流れが重要になります。

部屋に扇風機やエアコンが設置されている場合や、人通りが多い場所。

こういった場所では、アロマが風に流されて薄まることがあります。

そんな風通しの良い部屋には、広範囲に適したディフューザーを選ぶようにしましょう。

逆に空気の流れの悪い場所では、香りが滞りやすいため、出来る限り空気の流れの丁度良い場所においてください。
 
 
香りが強いアロマディフューザーについての記事

 

アロマディフューザーのおすすめ人気ランキングはこちらから

ディフューザーの選び方はこちらから

ディフューザーの機能と種類についてはこちらから

ディフューザーをカラーで選ぶ