アロマディフューザーの選び方 
- 設置場所 -


アロマでぃふゅy-ザーの設置場所
アロマディフューザーを選ぶ
 
 

アロマディフューザーの設置場所

 
 
アロマディフューザーを購入したり、購入した後に考えるのが、設置場所です。

設置場所を間違えれば、
 
 
香りが感じられなかったり、最悪壊れてしまうこともあります。
 
 
設置するには「風向きや、広さ」など、知るべきことが沢山あります。

出来る限りアロマディフューザーを購入する前に、参考にしてほしいことです。

しかし、購入してしまった後でも、遅くはありません。 

 
 

設置場所について考える

 
13
 
 
皆さんは、どんな場所にアロマディフューザーを、置きたいと考えていますか?

今では、色々な場所で使える、ディフューザーが発売されています。

購入する前に、まず設置する場所について考えてみましょう。
 
 
―  考えなければいけないこと  ―
 
 
・設置場所の広さ(香らせる広さ)

・家に置くのか? 車や別の場所に置くのか?

・設置する場所に、電源が有るか?

・アロマを使ったり、アロマディフューザーを置いても安全な場所か?

・空調の位置や、風の向き
 
 
いかがですか? 
まず ↑ について、一度考えてみて下さい。

購入する場合は 開発者が選ぶアロマディフューザーランキング も参考にしてください。

 

電源や空調を考える

 
squair(スクエアー)

最初に、考えるのは「電源が確保できるか?」「空気の流れはどうか?」といった問題です。
 
 
アロマディフューザーを購入して、いざ利用しようとしたら「電源が遠かった・・・」。

風向きが悪くて殆ど香りを感じる事が出来ない。
 
 
といったら、もったいないですよね?

購入前や、購入した後でも、電源の位置考慮に入れて置き場所を決めてください。

また置き場所は「風の流れ」「エアコンの空気の通り道」を考慮に入れてください。

空気の流れを考えるとより「アロマ」を感じて使う事が出来ます。
 
 
「香りが薄いな」と思ったら、空気が流れていない場所に。

「香りが広がらないな」と思ったら、空気が流れている場所に設置します。
 
 
また、まだ購入していない人は強弱設定が自由にでき
電池も使えて、香りの強い、アロマディフューザー

「 personal diffuser squair」 がオススメです。

Amazon 最安値:13,900 円(のぞいてみる)
楽天 最安値:17,400円(のぞいてみる)

 

設置場所の広さ

 
 リードディフューザー
 
 
アロマを感じたい、広さはどの程度でしょうか?
 
狭い部屋には、狭い部屋にあったアロマディフューザーを置く必要があります。

また、広い部屋には、広い部屋にあったアロマディフューザーが必要です。

 
 
広い部屋でアロマを利用する場合は
関連記事:香りが強い、広範囲に使えるアロマディフューザーとは?
を参考にしてみて下さい。
 
 
― 狭い場所  ―
 
 
トイレや玄関先などには、小型のアロマストーンや、リードディフューザーなどが適しています。

常に良い香りを感じていたい場所、「トイレ」などにはリードディフューザーを。

お客さんが来た時だけ利用する、玄関先などには「アロマストーン」が活躍します。

リードディフューザーもアロマストーンも、比較的較的「 安価に購入 」することができます。

シンプルに利用できるディフューザーは、機能が少ない反面、手軽に利用でき、故障も無く、長く愛用できます。

関連記事:アロマストーン おすすめ人気ランキング
関連記事:リードディフューザーを詳しく解説
 
 

仕事先や、ドライブ中には

 
 

また、仕事先にはUSBタイプのアロマディフューザー。

ドライブ中ならシガーソケットを利用した、車用のディフューザーも発売されています。

集中力が必要な、仕事中やドライブ中など、上手にアロマを利用して仕事や運転に集中したいですよね?

どの、タイプのアロマディフューザーを利用するにしても、サイズ、香らせたい範囲、火や水を利用する、故障しやすくないか、などは必ず確認したいポイントです。

皆さんも、どこにアロマディフューザーを置きたいか。どこを香らせたいか。どこでリラックスしたいか。 いろいろと思いをめぐらせてみて下さい。

お茶を飲みながら、ユックリ考えることをおすすめします。


記事を気に入っていただいた方シェアお願いします(><)

アロマディフューザーのおすすめ人気ランキングはこちらから

ディフューザーの選び方はこちらから