アロマディフューザーの選び方
- 価格がそれぞれ違うわけ・原価について -


nomiya9-1 

< そもそもディフューザーの原価っていくらくらいなの? >

「アロマディフューザーって、なんで価格が大きく違うの?」

と、思われる方も多いかと思います。

そもそも皆さんは、アロマディフューザーの原価をご存知ですか?

それぞれ製品価格や販売量によっても原価は違いますが、

おおよそ4分の1から5分の1程度となるように、メーカーは商品を開発します。

<メーカーから見た、定価からの内訳>

定価が10,000円の商品だと...。

まず、メーカーは2,000円 ~ 2,500円程度で商品を製造します。
(最近の商品はほぼ中国製です)

作った商品を販売するため、販売店に4,500円 ~ 6,500円(40%~65%)で買ってもらいます。

メーカーの儲けは、おおよそ20%程度(2,000円 ~ 3,000円)となります。

販売店は、商品の市場価格に合わせて、定価から割引して販売します。

例えば:定価から2,000円引きで、販売価格8,000円など。

※実際販売店がどの程度、定価から値引きするかは、メーカ指定の価格や、他社との比較もあります。

販売店の利益は仕入れた価格から、販売した価格の差が実際の利益となります。

また定価の決定は市場価格や、原価がどの程度かによって決められていきます。

人気のある商品や、仕入れ値が高い商品の場合は、なかなか価格が下がらない傾向があります。

このように、アロマディフューザーの価格が決まっていきます。

< まとめ >

定価:10,000円 販売価格:7,000円(30%offの場合)

          原価:20%~25% (2,000円 ~ 2,500円
 メーカーの利益:20%~30% (2,000円 ~ 3,000円)
 販売店の利益:3,000円

 

<デザインが価格に与える影響>

さて、今度は個別の要素が価格に与える影響についてです。

デザインによって、価格は変わるのでしょうか?

答えは当然イエスです。

デザイン性がある商品や、利用している素材によって定価が大きく変わってきます。

特に木材を利用したディフューザーは、価格が上がりやすい傾向にあります。

また、有名デザイナーを起用したデザインなどは費用も大きくかかるため、高額となります。

 

<機能が価格に与える影響>

大きく価格に影響が出るのが、機能による違いです。

噴霧方式(フラスコタイプや超音波式など)によって、価格が大きく変わります。

フラスコタイプの場合、ポンプやガラスを利用しており、その分定価が高くなります。

プラスチック製の場合は安く済みますが、エッセンシャルオイルはプラスチックを変更、溶かすため素材(同じプラスチックでも種類がある)の選定が難しくなるようです。

その他にも、部品に日本製を利用している場合などは原価が高くなるため、定価が高くなりやすいといった要素もあります。

定価や、原価についての如何だったでしょうか?

フラスコタイプについて

超音波タイプについて
 

アロマディフューザーの人気ランキング

ディフューザーの選び方はこちらから

ディフューザーの機能と種類についてはこちらから

ディフューザーをカラーで選ぶ